スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スワップ+ヘッジ運用

突然ですが、来年に向けて僕が考えている運用法は以下の通りです

・スワップ+ヘッジ運用
・スウィング運用
・スウィングandスワップ運用

今日は、僕の中でのスワップ+ヘッジ運用について書いてみました。


<スワップ+ヘッジ運用>

高金利通貨を買ってスワップをいただきながら、相場下降時にはショートスウィングで確定益を得る方法です。

実際に僕がやっている方法です。基本的に高金利通貨の買いポジがメインなので、再びドバイショック並みの暴落が来ても動じないだけの低レバレッジにする必要があります

僕はTRY/JPYをロングで2000通貨持っていますが、リーマンショック後の最安値以下になってもロスカットされないぐらいの低レバレッジにしてあります!

現在は各国の金利が底打ち状態(オーストラリアは別)なので、チマチマ高金利通貨を買っていこうと思います。

金利上昇段階になったら、徐々にスワップポジを利確することを考えています。


一方ヘッジ(ショートスウィング)についてですが、スワップポジが円売りなら、ヘッジポジは円買いとなります。

具体的には、僕の場合はTRY/JPYロングがスワップポジなので、USD/JPYショートやEUR/JPYショートがヘッジポジですね!

スワップポジの多い方は、ヘッジポジを少量にすると相場が上昇してもヘッジポジの損失をスワップポジでカバーできると思います。

しかしスワップポジの少ない場合は、相場が上昇するとヘッジポジの含み損がスワップポジの含み益を飲み込む可能性があるので、ヘッジポジに利が乗ったらしっかり利確をすると僕は決めています。

EUR/JPYショートによるヘッジは12/8-12/9にかけて行いました。(スワップ派のヘッジ)


次回はスウィング運用について考えています!


よろしければ、応援お願いします!→ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ ポプログ人気fxブログランキング

 

 

 

スポンサーサイト

ショート部隊

先週はEUR/JPYのショートスウィングを行いました。

その動機は

「下がりそうだからショートで儲けよう!」

と思ってトレードしたのではなく、

「スワップポジション(TRY/JPY)のヘッジをしよう!!」

という考えでトレードしていました。

スワップ派として心構えは良かったのですが、投入Lotをあまり考えず、「怖いから1Lotでいいや!」と思ってポジっていました。

そこで今回は、今後ショートスウィング(スワップポジのヘッジ)するときにどうするか考えてみました。


<投入Lot数>

クロス円のショートポジを持つ場合は、スワップポジション(クロス円のロングポジ)のLot数を考慮する必要があると思います。

僕の場合、TRY/JPYロング平均値61.62を2000通貨持っています。円換算すると61.62×2000=123240円
20091215口座状況


大体円換算で約12万円の外貨を売ればヘッジになればよいと思いますので、EUR/JPYショートなら1000通貨が妥当になります。僕はスワップポジの方が多いと安心します・・・

また、ショートポジの支払いスワップは、ロングポジの受け取りスワップより小さくないとスワップ運用になりません。


LION FX 12/15 スワップ(1000通貨単位)↓

EUR/JPY 買0.3  売-1.8
TRY/JPY 買6   売-11


TRY/JPYロング2000通貨でスワップ+12
EUR/JPYショート1000通貨でスワップ-1.8

スワップは十分プラスなのでOK!


<売る通貨>

これはヘッジをかけるときの情勢によると思います。

先週はギリシャの問題が出てきたので、EURを売ったのが勝因だったかもしれません。



このようにあらかじめ決めておけば、いざヘッジをかけるときに困らないと思います。


よろしければ、応援お願いします!→ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ ポプログ人気fxブログランキング

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。